2歳トイトレ1週間の記録③床に落ちたうんち

困りごと・体験談コラム

前回の記事に引き続き、何も履かせないトイトレ、3日目。

今日も相変わらず何も履かせない状態で開始。そろそろズボンのみを履かせるブロック2に移りたいけれど、まだおまるでの排泄回数が少ないので、無理のよう。

今回はうんちの話がたくさん出てくるので、そこは承知の上で読んでいただけたらと思います。

トイレトレーニング3日目

7時40分
起床。ズボンを脱がせようとすると嫌がった。

8時半
ご飯を途中で食べるのをやめ、自分で「ビッグボーイ!」と言っておまるに座ったけど出ず。

9時頃
遊んでいる途中で静かにおまるに座ったけど出ず。

9時40分
ベースメントで立って遊んでいる時にチョロチョロ出たのでおまるに移動するもおまるには入らず。

10時半
再び息子は「ビッグボーイ!」と言いながらおまるに座るも、出ず。

10時50分
お尻を触るので「トイレ座ってみたら?」と言うと、おまるに座っておしっこをした。

「うんちも出る?」と聞くと「出ない。」と言う。おまるにしばらく座って、「持っていってバイバイする。」と言うのでおしっこを自分でトイレに流させて一緒にバイバイした。

今日の息子は少し機嫌が悪い。昨日の朝うんちしてからそのあと一度もしていないからだろうか。

13時40分
テレビを観ながらコーヒーテーブルの上のスナックを食べているとき、結構勢いよくおしっこをシャーっと出し始めたのですぐさまおまるへ。私が抱き上げた時点で一旦おしっこを止め、座ってから残りを出した感じだった。

自分でおしっこを捨てに行ったトイレにパパが待っていて、今回はパパと「おしっこバイバイ」をした。私はその間床、というか実はカーペット(買い換える予定)のおしっこを掃除していた。

息子が手を洗うのを見届けた夫がキッチンに行った一瞬のことだった。息子が遠くで「プープー」と言ったのに夫が気づき目を向けると、床に茶色いような黒いような物体が落ちているのが見えたらしい。

そう、うんちだ。

「うんちしたかも!」と夫が言うので見に行くと、犬のうんちのようなしっかりしたうんちが2つ落ちていた。

おぉー!!!

初うんちだ。

息子は割と固形ではなく緩めのうんちをすることが多いので、固形で出てきて驚いた。そして助かった。掃除がしやすいからである。

でもこういうと変に聞こえるが、これだけ監視しているのでせっかくならその瞬間を捉えたかった。

何より途中で抱え上げて移動して、うんちをおまるにホールインすることができなかったのが悔しい。

数少ないうんちのチャンスを見逃してしまった。

先に一人で「プープー(うんち)」と叫んだものの、息子は「これなに?」と確認するように聞いてきた。

考えてみたら、過去息子に「これがあなたのうんちですよ。」と見せたことがあっただろうか。一度だけあるような、ないような。

どちらにしろおむつなしで外に出したのは初めてだし、きっと不思議な感覚でしかなかっただろう。

それがおまるでできなかったのはちょっと残念だけど、初めてなんだからしょうがない。

おむつを履かせる昼寝や夜間を狙ってうんちをされるよりは、「おむつなしでもうんちが出せる」状態になる方が好ましいのだ。たとえ床でも。(前向き)

15時半
間食でダイニングのベンチシートに座っている時におしっこをした。

16時半
昨日に続き夫が今日も息子と外出したいと言い出す。

昨日はトイトレ2日目にして偶然にも1時間の外出に成功したが、それで調子に乗ったようだ。笑

本来ならまだ外出はするべきではない段階であるが、もしもの時のための着替え等を持たせると、夫は余裕の表情で出かけた。

しかも、三輪車(大人が後ろからコントロールできるタイプ)で出かけたのである。理由はカンタン、「息子がそう言ったから。」優しいお父さんか。

ここはやっぱり、ベビーカーにおむつ替えライナーを敷くべきっしょ…

と思ったけど、させたいようにさせることにした。

出かける直前、私「すぐそこまでだよね?」夫「うん。」という会話をした。

が、すぐには帰って来ず。

1時間くらいして電話が鳴った。

「迎えに来れる?あー、いや歩いて帰れるかも。」

なんと電車で一駅乗り、降りて公園で遊んでいるうちに本日2度目のうんちを漏らしたらしい。

遊んでいて立ち止まって固まり、「プープー」と言ったそうだ。すぐさま確認すると、パンツにうんちが出ていたらしい。17時15分くらいだ。

パパはその場で着替えさせることなく、徒歩20分を帰ることにした。普段公園から帰るのを嫌がることが多い息子もこの時は状況を理解したようで、すんなりと三輪車に乗ったらしい。

徒歩20分。私なら「うんちに20分も座らせるんかい!」と思ってしまうが、男の人、じゃない、「夫は」違うらしい。

でもよく考えればおむつの時はそれがあり得たから、ただパンツになっただけで、状況は同じなのか。

そして普通に帰れたならよかったものの、息子に眠気が襲ってきたらしく、三輪車に乗りながら頭がグワングワンと揺れ始めたらしい。

まだ体の周りにガードがあるタイプの三輪車なのだが、頭が揺れると少し心配で、大人が片手を頭の横に添えて歩く感じになる。

徒歩であと10分くらいというところから夫は電話をしてきた。でも結局家まで歩いて帰ってくることにしたらしい。

もうすぐ着くかなという頃に外に出て少し歩くと、帰ってきているのが見えた。息子は半眠りで頭をぐわんぐわん揺らして乗っていた。

でも帰宅すると目覚めたのでパパッと拭いてお風呂へ。

ちなみにおしっこも漏らしていた。

「なんで電車乗ったの?」と夫に聞くと「乗りたがってたから。」と言う。優しいお父さんか(2回目)。

19時
リビングでおしっこ。

そばにいた夫が咄嗟に手を伸ばして受け止めてしまう。夫が叫んだのを聞いた私が急いで駆け寄りサッとおまるへ移動。3分の1から半分は入ったと思われる。「おしっこはどこでするの?」と聞くと息子は「トイレ」と言う。わかっているはずだけどできてない。

ちなみに受け止めてもおしっこはし続けちゃうので抱き上げた方が良い(息子の場合)。だが夫は昔から流れ出るものは手で受け止めてしまうらしく、昔、彼女の嘔吐を手で受け止めたことがあるらしい。息子が吐いた時も鼻血が出た時も、全て手で受け止めていた。私は滅多に吐かない(吐けない)ので受け止められた経験は今のところないが、できれば一生してもらわなくていいことだと願いたい。

結局今日はお昼寝をすることなく一日が過ぎ、息子は夜が近づくほど疲れすぎている状態になっていた。

今日は一度お風呂に入っているので寝る前に下半身をささっと洗い、おむつを履かせた。

21時ごろにやっと眠りについた。

トイトレ3日目結果

というわけで、3日目のまとめ。

9:40 × ベースメントで
10:50 ◎ 促しておまるで
13:40 ○ 半分は入った
13:45 × 床にうんち
15:30 × ダイニングの椅子の上で
17:15 × うんち(おしっこも)を下着に漏らす
19:00 ○ 半分ほど入った

昼寝なし

トイトレ3日目の感想

今日は一日を通して息子がいたずらっ子か機嫌が悪いかのどちらかだったような気がする。

下半身裸の状態では尿やうんちを我慢しがちになるようだが、やはりそれが結構なストレスになっているのかもしれない。

そう考えるとこの短期集中のいきなりトイトレってどうなんだろう?子どもの心にいいものなのか、という思いもふとよぎったが、

いずれやらなきゃいけないものだし、もうすでに3日過ぎちゃったし、息子もパパッと終わらせた方が長々とよくわからない状態が続くよりも良いんじゃないかと思うので、つらいのは今だけと思って頑張ることにする。

1週間。もし1週間でできなかったら一旦やめようと思う。

何も履かせないトイトレ、3日終えて

というわけで、ここまで読んでいただいた通り、淡い期待を抱いた「3日」では終われませんでした。

むしろ3日目が一番できてないっていう。

多分これは親の方が原因で、最初は気合が入っていたものの、だんだん「意外とやれるかも?」と気が緩んでしまったことが大きいと思います。

2日目の外出がうまくいってしまったから特に。そこは反省。

明日から仕切り直しで、頑張ろう。

*****

続きはこちら。

2歳トイトレ1週間の記録④ズボンだけ履く4日目
1週間でなんとか終わらせたトイトレのブログ記事、記録。何も履かせないところからスタートし、4日目でズボンだけを履かせました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました