挑戦の始まりの月 カナダ エドモントンで仕事探し

カナダ生活

こんにちは。

エドモントンは4月下旬に積雪です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

今日は久しぶりに自分のことを書いてみようと思います。今月はこれまでののんびりした生活と違って新しいことがたくさんありました。「挑戦の始まりの月」と言ってもよいでしょう。そしてやっぱり、私は忙しくしているのが好きなんだな、向いているんだな、とつくづく感じました。もう、何も他に考える時間がないくらい、忙しいのが好きなんです。だからワークパーミットがない間、半分、いや、半分以上死にかけていました。これは本当です。いつか心の整理がついたとき、この期間中の思いをブログに綴れたらと思っています。

仕事探し

ワークパーミットが取れてから、少し時間がかかりましたがレジュメを2種類作りました。事務職用と、花屋さん用。過去の職歴を見るとどうしてもレジュメが事務職用になってしまうのと、あとはトロントで学んだフラワーアレンジメントのスキルを活かして花関係の仕事をしたかったから。どちらも興味があることでした。これならどちらでもやってみたいな、という。じゃなきゃ応募する気にもなれません。

派遣登録

エドモントンには派遣会社が数多くあり、その一つにも登録しました。後日「ある会社の設立記念日で明日から二日間ピンを郵送する仕事があるけど、まずはこういうのからトライしてみない?」と電話がありました。それまでは予定が入っている日なんてほとんどなかったのに、ちょうどその二日間は他に用があったのでパス。でも単発で色んな会社を見るのもとても面白い経験だと思います。

名前を間違えて応募

あの有名なティムホートンズのバックオフィスの仕事も出ていたので応募しましたが…。いつからか私はTim Horton’sと綴ると思い込んでいて…(本当はアポロストロフィーはいらない)トロントでの経験と似ていたからいけるかなあ、と思いましたが、やっぱ名前は間違えたらあかんやろ!ですね。連絡は来ませんでした。(泣)

花関連の仕事に応募

初心者でもOKの花屋さんの仕事に応募し電話でインタビューうけましたが、その後連絡なし。アカウンティングも少しわかるんだね、それはいいね。と言われましたが、「車の運転はしない」と言ったからだろう、ということにしてます。(笑)

でも花屋さんに応募するときにわかったのは、カバーレターが自然と書けるということ。やっぱり自分が本当にやりたいことって花関連の仕事なんじゃないかな、と思い、花屋で働いた経験はありませんが、「要経験」ではあるものの、母の日までの期間限定の仕事にも応募してみました。

その後電話で連絡があり、面接時に採用となりました。仕事の成果次第では、母の日が過ぎてもパートタイムで働いてもらうかも。とのこと。

ちなみに花関連の会社にはトロントも含め応募はこれで3社目ですが、100%で電話も含めた面接に辿り着けてます。うふふ。やっぱスキルを持つのって大事ですね。

その他の仕事

エドモントンに住んでいる日本人なら利用したことがあるかもしれない場所で時々働いてます。これはもう、ある一人の方の影響です。私が自分でやり始めたというより、「やってみる?」の連発に「じゃあやってみます。」と答え続けて今がある、という感じです。そしてこれからもその人に導かれ続けるような気がします。こちらも初めてのことが多く不安もありますが、そこは自分を無理やりでも押して、どうにか前に進もうと頑張っています。挑戦することがあるというのは、何もない日々を過ごすより何倍もマシです。

他にも、フラワーアレンジメントを売るようになりました。今年1月から趣味でライム君(夫)の会社内にある毎日200名以上が利用するカフェテリアにアレンジメントを置いてもらっていたら、それを見た人から注文が入るようになり。。これがビジネスになるかはまだわかりませんが。

一つ行き詰まっているのは、生け花。ホームページも準備できているんですが、エドモントンはトロントとは違い、花の卸売会社が花屋さんにしか売ってくれません。ビジネス登録だけではダメで、ちゃんとした花屋さんがないといけない。卸売会社3か所電話して全部断られました。花の仕入れ先どうしよう…。今とある花屋さんとの関係を構築中、ですが今後どうなるかはまだわかりません。

というわけで、こんな感じで忙しくなってきた日々に期待と不安を抱きながら私はこれからもどんどん挑戦していきたい、そんな気持ちでございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました