バンクーバーやトロントにもある!なんだかお洒落なCactus Club Cafeは料理も最高だった!

カナダ旅行記



Cactus Club Cafe

エドモントンのダウンタウン、Jasper Ave.にあるCactus Club Cafe。いつも通るたびに気になっていました。外から中が見えますが、いつもお客さんの中にきれいなお姉さんが必ずいるお店です。笑

1988年にNorth Vancouverにオープンしたお店。現在はバンクーバーだけでなく、トロント、カルガリーにもあります。(詳しくはウェブサイトでご確認を。)

今回トロントからライム君の友人がやってきたので、一緒にディナーで行くことにしました。

店内は暗い感じですが、たくさんの人で賑わっていました。earlsの雰囲気に似ています。(は!earlsの記事書いてないですね。いつか書けたら書きます。レストランです。)

まず、飲み物の紹介

私が一杯目に選んだのはこちら。

The Brazilian   8.75ドル

(キウイ、ライム、サトウキビ、バカルディホワイトラムとソーダ)

キウイとかライムとか好きなので、おいしそう!と思って注文。正解でした。私の好きな味。

二杯目は、

Signature Sangria 9.75ドル

(ストロベリー、ラズベリー、ジンファンデル、あんずブランデー、スプライトとベリーニ)

これもおいしかったけど、Brazilianの方が好きな味でした。

前菜

Calamari  14.50ドル

出ました!私の大好物のカラマリ!揚げたイカ、パプリカ、ハバネロの上にディルというハーブが乗っていて、横のザジキソース、チポトレアイオリソースにつけて食べます。

お店によっておいしいかおいしくないか差があるんですが、ここのは「おいしい」でした。料理評論家ではないので、あんまり具体的な表現はできませんが。。

Truffle Fries 9.50ドル

これは、トリュフオイルと呼ばれる油で揚げられたポテト。普通の油で揚げたフライドポテトとは少し味が違います。最初この文字を見たとき、Truffleと呼ばれる何かが揚げられているものかな、と思ったので、Truffleと呼ばれる油で揚げられているポテトと聞いたときはびっくりしました。


Tuna Tataki
 16.25ドル

マグロのタタキ。ソースにゆずも使われていてそれなりにおいしいのですが、日本のと比べちゃうと、新鮮さに欠けるかも。

メイン

Jambalaya Rice Bowl 18.25ドル

このレストランに行く数日前に知った、ジャンバラヤという料理。メニューにこの文字を見つけて、思わず注文。ご飯は白米を選ぶのが無難。

ご飯の上に、エビ、鶏肉、チョリソーソーセージ、野菜、ベーコンがスパイシートマトソースと黒豆サルサで和えられ、クレームフレーシュがかけられているもの。

これがめっちゃ美味しいんです。でも、やっぱり本格派レストランで食べたものの方がおいしかった。

別記事→ エドモントンで本格ケイジャン料理を堪能!DaDeO New Orleans Diner & Bar

Butternut Squash Ravioli With Prawns 26.50ドル

ライム君が食べてました。少しもらいましたがエビがぷりぷりしていて、美味しかったです。ラビオリの中のButternut squash(かぼちゃの一種)がホコホコしていて幸せな気分になりました。でも、外側は少し冷たかったです。

友人は、ステーキを注文。

デザート

Chocolate Peanut Butter Crunch Bar 9ドル

ピーナッツバターチョコレートクランチバー。タヒチアンアイス、キャラメルソース、クランチチョコレートパールと一緒に。

おなかいっぱいだったし、とても濃厚で重たかったけど、三人で食べれば、ペロリ。ピーナッツバター好きにはたまらない一品。

まとめ

文中でも触れましたが、似たようなレストランにearlsがあります。お店の雰囲気だけでなく、料理メニューにウエスタン系もあれば、アジア系や他の料理も提供するお店。でも個人的には、このCactus club cafeの味の方が美味しいと思いました。

ぜひ一度お試しあれ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました