カナダ アルバータ州のバッドランドで長い長い地球の歴史を感じる

アルバータ州

カナダ、アルバータ州に位置するバッドランド。豊富な恐竜の化石とロイヤルティレル古生物学博物館がある場所として知られています。その博物館がある町の名前、「ドラムヘラー」といった方がピンとくる方も多いかもしれません。

場所は?

グーグルマップでドラムヘラーの位置を表示してみます。

車では、カルガリーから1時間半、バンフまたはエドモントンからは3時間。カルガリーからGreyhoundのバスも出ていますが、運転できるならレンタカーを借りた方がかなり便利でしょう。なぜなら周辺に見どころが点在しているからです。

時間に余裕があれば、ドラムヘラーに一泊し、ダイナソー州立公園にも行くべきだと思いますが、今回はエドモントン⇒ドラムヘラー⇒カルガリーの旅程にしたので、ダイナソー州立公園には行きませんでした。次回のお楽しみにしたいと思います。

訪れた2つの場所

今回のバッドランド・ドラムヘラーの旅では、Hoodoo、Rosedale suspension bridgeと、別記事に書いてますがロイヤルティレル博物館にも行きました。

1.The Hoodoo

ドラムヘラーのフードゥーは世界的に知られているアルバータ、バッドランドのシンボル。ホースシュー谷からの砂と土で成り立ち、固い固形の笠石が、下にあるユニークなキノコ状の形を作る柔らかい基盤を守っている。何千年もの時間をかけ、水や風、凍結融解による浸食によって作られてきた。

参照:http://traveldrumheller.com/hiking-in-the-badlands/

見えてきました、その、キノコ状の物体!

不思議です。

上に登れるなら登りたいよね。というわけで行ってみました。

斜面が急で、何度か途中で諦めようかとも思いましたが、上まで登りました。本当に急斜面で、土も乾いていて滑りやすいところもあれば、逆にぬかるんでいて滑りやすいところもありました。

これは、頂上から見た裏側の景色。歩こうと思えばもっと歩いていけます。

こういうところって、登りは割と楽しいんですけど、降りるのが怖いんですよね。滑り落ちて死ぬかと思いました。怖かった。でも、楽しかったです。登ってよかった。

私としては最初のいくつかのキノコより、この山に沿って見られるキノコ状?のものを見ている方が心がワクワクしました。何千年後には、もっとキノコらしくなるのでしょうか?

地層がくっきり見えます。

2.Rosedaleの吊り橋

The Star Mine Suspension Bridgeと呼ばれるこの橋は117mの長さの吊り橋で、ドラムヘラーから出てすぐのローズデールのレッドディア川に架かっています。

この橋は、Star Mineという炭鉱で働く人々のために1931年に作られました。現在は釣りやバッドランドの絶景へと繋ぐ道として現地の人々に利用されています。ハイキング、丘登りなど、観光としても楽しめる場所です。

参考:http://www.canadianbadlands.com/attraction-details.jsp?id=19

吊り橋を揺らす行為は禁止。最高20人まで同時に歩くことができます。

普通に歩いても揺れます。ふわんふわんとした感じ。

渡って反対側に来ました。

バッドランドの土壁。

上にも登れる?というわけで登ってみました。

登り道はThe Hoo dooよりは登りやすかったです。上に登るとまた違った風景が楽しめます。

カルガリーから西へ1時間半行けばカナディアンロッキー(バンフ)、東へ1時間半行けばこの風景。カナダ西部、恐るべし。

これは、登る価値あり。でも無理はしないでください。

この日は、ロイヤルティレル古生物学博物館にも行きました。

恐竜・古代生物について知りたいならココ!ドラムヘラーのロイヤルティレル古生物学博物館

おまけ

車窓からの眺めもステキ

どこまでも広がる空と大地がとても素敵でした。

局地的に雨に見舞われているところを客観的に見ることもできました。

最後に

私はなぜか地層というものに魅力を感じるので、今回の旅はまた特別なものでした。大自然というより、歴史を感じる場所。しかもそれは人類の歴史じゃなくて、とてつもなく長い地球の歴史。まだまだ見どころはたくさんあるようなので、将来再度バッドランドへ行き、今回行けなかった場所を訪れたいです。

バッドランドの観光スポット:

Attractions in the Badlands | Canadian Badlands

コメント

タイトルとURLをコピーしました